葬儀マナー.comでは葬儀のマナーについての解説をしています。




葬儀に行く

訃報を受けたら

通夜参列

葬儀のマナー

マナー

マナー2

葬儀用語集

用語集

 

訃報を受けたら

訃報を受けたら近親者や特に親しい場合は直ちに駆けつけますが、その時に配慮しなければならない注意点がいくつかあります。今回はその中のいくつかを解説します。
※おつきあいの度合いや立場によって弔問するかしないかは変わります。いろいろなケースがあり、それぞれの事情などで判断すべきこともあります。今回はごく一般的な事例に関してお話ししていますのでご参考までにしてください。

訃報を受けたら直ちに駆けつける

葬家についたら部屋に通されます。遺族に向かって一礼し、お悔みをのべます。その後、お手伝いを申し出ます。すでに、世話役や人手が足りているような場合は、通夜の時に再び出直すようにします。
一般的に葬家へお伺いした場合は、玄関先でお悔みをのべ、「あらためてお通夜にまいります」といって直ちに帰るのがマナーです。故人との対面を勧められた場合は遠慮せずに中に入りましょう。

故人と対面するとき

故人との対面は、あくまでも遺族に勧められた場合のみで、かってな判断や考えで行動してはいけません。また、自分から申し出るのもやめましょう。また、対面を避けたい場合は、「お会いするのはつらすぎて…」
「取り乱してしまいそうで…」などと断ってもかまいません。

■対面の仕方
1.腰をうかせてひざと両手で故人の枕もとまで進む。
2.正座して、両手をついて一礼。
3.遺族が白布を取ってくれたら、両手をひざの上へおいて故人の顔を拝見し対面する。この時、かってに白布を取ってはいけません。
4.故人に深く一礼し、各自の信仰に即した方法で冥福を祈る。仏教との場合は合掌する。できれば遺族にいたわりの言葉をかけてあげましょう。
5.一礼して下がる。

弔問する際の服装

通夜前にとりあえず弔問する場合の服装は平服でかまいません。通夜前なので、祭壇の準備も出来ていないでしょうし、遺族の方も喪服を着ているとは限りません。
弔問する方が喪服で、遺族が喪服を着ていないと失礼にあたる場合もあるので注意が必要です。また、喪服を着ていく事により「不幸を予測していた」と思われる方もいらっしゃいますので平服のほうが無難です。
平服といっても派手な服装は考えもの。出来れば落ち着いた服装のほうがいいでしょう。特に女性の場合はネックレスや指輪などのアクセサリーはつけ訃報を知って駆けつけるのですから、服装はそのままでかまいません。しかし、あまりにも派手な服装などの場合は一度帰宅してから出来るだけ落ち着いた服装に着替える事がいいでしょう。ないこと、お化粧は薄化粧が基本です。

親戚の場合で遠方の場合

喪服をどうするか迷うところです。距離的に近い場合は、出直す事ができますが、遠方の場合はそうもいきません。その場合は、一応喪服を持参しますが、相手の家族にはわからないようにする心遣いが必要です。喪服は、着かえる前までは、バッグなどの中に入れ目立たないようにします。

香典や供物は

とりあえずの弔問の場合は、香典・供物は持参しません。当然、受付の準備もできてないことが考えられますし、これも服装と同じ考え方で、「不幸を予測していた」と思われる方もいらっしゃいますので避けます。香典や供物は、通夜・葬儀の時にあらためて持参します。

pickup

ポケットコイルマットレス通販のOnline Shop OGAWATSUSYOU
http://online.ogawatsusyou.com/
黒留袖をレンタルするなら留袖レンタルドットコム
http://www.tomesoderental.com/
保育士派遣・求人・仕事のベルサンテスタッフ株式会社
http://www.bellsante.co.jp/
アンダーシャツ 通販
http://www.rakuten.ne.jp/gold/tamagiken/

最終更新日:2015/2/9

    home


(c)葬儀マナー.comAllright Reserved.